家出の資金4万円が9円になっても

小田原警察署から外に出て、私は振り返って息子に言いました。

「 ちょっと、ここに座れよ。 」

私に叱られるのを怖がり、距離を置いてた息子を階段のステップに座られました。息子の赤いバッグを手元に引き寄せ、中を良く見ました。本当に紙ごみだけで、何もありません。

息子の赤いバッグ
 

「 お金はどうしたの? 」

家出の間、過ごしたお金はどうしたのかと問うたのでした。息子は特にお金を持たずに家を出たと言います。高校卒業後にしていたバイト代は持っていたのだろうと思ったら、それは家出する前に早々に使ってしまったのだと言います。

「 でも、少なくとも定期代のおつり、9千円は持っていた筈だよね。 」

「 それは母さんに返した。 」

「 母さんは返してもらってないと言っているよ。 」

まだ何か言おうと息子は口をモゴモゴさせていました。

「 もう、嘘言うのは止めようよ。散々、嘘ついてきたのだから。 」

この期に及んで、まだ嘘を言おうとしている息子が可愛そうに思えました。そして私から息子がついていた嘘をばらしてやったのでした。

コンビニのアルバイトを3月でやめていた事、奨学金の申請書類を出していなかった事 ・・・

「 台風の日、コンビニまで車で送ってやったのに、バイトなんかしていなかったのだよね。 」

「 ・・・ 」

「 さぁ、もう嘘はやめようよ。 」

そして、タンスから4万円ほど取った事を確認すると、息子は素直に認めたのでした。それが家出の資金になっていたのでした。

「 でも、9円しかなくなって、どうするつもりだった? 」

息子の話を聞いて、つい私は笑ってしまいました。お金がなくなったので家に帰るしかないと思うのではなく、これから金持ちに拾われて、助けてもらえるかもしれないと考えていたのだと言います。

9円しかもっていないのにまだ家出を続ける気でいたとは!

馬鹿で哀れな息子 ・・・

私は顔を覗き込むと、痩せて頬がこけたので幼い頃の顔つきをしていました。

小田原警察署の前にて
 

そこに警察署から警察官が2人出て来ました。

「 話がある様なら中でしてはどうですか? 」

そう言ってくれたのでした。私たちは警察署の入り口の前に座って居たのでした。迷惑だったのでしょう。

確かに警察署の前で地べた座って居るなんて、ちょっと見ない光景です。

 

私はどこか食事が出来る場所がないかと尋ねると、ファミレスが直ぐ近くにあると教えてもらいました。そこで二人して立ち上がって朝ごはんを食べに向かいました。

クリックをお願いします ⇒ クリック

 

 

PR






カテゴリー: 家出息子捜索日記 パーマリンク