家出の手がかり 自転車防犯登録番号

警察署から戻ると、私は忙しかったです。
警察官から調査すべき事項をいくつか教えてもらったからでした。

本人は家を自転車に乗って出ていました。自転車を探せば、足取りがつかめるかもしれません。ところが、息子がどんな自転車を乗っていたのかはっきり言えないのです。色はシルバーだったと思います。

娘に聞いてみると、やはり色はシルバーだと言います。

「 夜泊まるとすると、どういう所にいるかなぁ? 」

娘に聞くと、マクドナルドが24時間営業していると言います。確かに、安く夜を明かすのにマクドナルドは居やすいのかもしれません。

私が自転車について思い出していたのは、警察官から防犯登録番号を調べる様、教えてもらったからです。確かに自転車は手がかりになりそうです。

 

自転車を買った店にいけば、教えてくれると言います。一旦家に戻りましたが、すぐに自転車店に行こうとした所に電話がかかってきました。

妻からでした。
「 今、まだ山の上なので帰るのに時間がかかる。 」

急きょ、下山することにしても家に帰りつくのは、日が暮れた頃になると言うのです。本人は携帯電話が通じる稜線に来た時に、ネットをつなげたところ、私からのメールが届いたと言います。連絡手段としてメールはとても有用なのを感じました。

兎に角、妻が帰って来るのは心強く感じました。
妻のことだから、息子が行方不明になっても予定通り、登山を続けると言うのかと思っていました。半ば自分一人で捜索しなければならないと思っていたのでした。

 

クリックをお願いします ⇒ クリック

私が自転車店に行くと、その店では防犯登録番号は分からないのだと言います。
協会か登録会か、どこかに問合せする必要があると言います。

「 自転車はいつ購入されましたか? 」

「 中学に入学した時ですから、6年ほど前です。 」

「 6年間、乗っていたのですか? 」

よくもそんなに長い間乗っているなぁ といった言いぶりでした。
息子の自転車はギア段数も多い、結構良い自転車を買ったのでした。本人も新しい自転車が欲しいとは言わずに乗り続けていました。

防犯登録番号が分かったら電話してくれると言うのでお願いしました。

 

そして私は次に銀行に行ったのでした。息子名義の通帳が一つだけあったので記帳してみることにしたのでした。3月まではコンビニでアルバイトをしていたのは確認とれているので、その分のお金が入っているかもしれないと思ったからです。

但し、その通帳は4月中旬に作られたものでした。ATMで記帳してみると意外なことが分かりました。

その通帳はおそらく妻が1000円を入れて作ったのでしょう。通帳には一行、残高1000円が記載されていましたが、記帳してみると、その1000円が引き出されていました。引き出した日付は、家出の2日前です。

3月にコンビニのバイトをやめているのに、夏休みに入り再び、バイトを行くことになった初日です。おそらく、バイトに行くと言って出かけている間に、1000円を引き出したのでしょう。

・・・ となると、計画的な家出だった可能性が大きくなります。

「 バイトに行ってくるね。 」と言って出ていった息子は、2日前には家を出るつもりでいたという事になります。私に対してどういう気持ちで家を出ていったのだろうか?

息子の表情を思い出している所に、電話がかかって来ました。自転車店からです。防犯登録番号を教えてくれました。

この番号は私に希望を与えてくれました。自転車を見つければ、置いてある店に息子が居る可能性があるからです。私はあちらこちらと自転車を探しに回りました。

クリックをお願いします ⇒ クリック

 

 

PR






 

カテゴリー: 家出息子捜索日記 パーマリンク